f:id:kioku-note:20151008211051j:plain

組織や社会の中で生きていくには多少は無理をしなければいけない

 

仕事の仲間や友人家族においても例外ではない
よほど能力が高く意識の高い人は違うのかもしれないが一般的にはしょうがない

ちょっとした無理は心地よい
なんだかやった感があり満足感がある

しかし、たまにすごく無理をしてしまうことがある
自分でこれはキツイなと思う時がある
これが長い間続くとほんとに大変なことになる

人生そこまで無理をする必要が有るのか

答えはNoである

キツイ無理は自分をダメにしてしまう

そんな時はそこから離れよう
私はそうして自分を続ける事ができた
そしていろいろな楽しいことをすることができた