家族ってなんだろう

f:id:kioku-note:20151218134356j:plain

家族ってなんなんだろうなと考えることがあるんです

僕の家族構成が若干普通と違う
何が違うかというのは妻に障害があるということ
他人の介助が無いと生活ができません

 

つまりは僕が働いて家事もやり介助もする
普通に生活している人のように仕事も家事も一人前にはできてません

傍から見れば大変だなという状況
だから嫌だと言ってるわけでは無いですよ
根がいい加減な私は「まぁこれはこれでいいんじゃね」
ぐらいの感覚です
結構幸せな家族として暮らしているとは思ってます

でもね仕事の邪魔になるんだったら家族はすればいい
みたいな雰囲気を醸しだしている方もいるし
子供に負担をかけてるかなと思うことも有ったりします

一体家族ってなんだろう
家族の一番いいあり方とは
なんて漠然とかんがえるんですよねぇ

さすがですまなしばさん

そのときねまなしば さんのブログ『ままはっく』をみてこれだよなって思った記事があったんですよ

夫VS妻ではなく、夫婦はチームであるという意識 この記事を見てそうだよねと思ったんですよ

優先順位が家族全体というものにあって、その家族が幸せになるには?より快適に暮らすには?を考えれば、誰が家事をやろうが、仕事をしようが、できるだけ平等になるようになっていて。 例えば家事育児だと、できるだけ同じ時間割くようになっています。

 

こういう概念が生じるのは、夫婦はチームだという意識が足りないんじゃないかな?と思います。 無意識的に、「妻VS夫」みたいな構図になってしまっている。 家事分担もそうだし、仕事分担もそう。 それってすごく悲しいと思います。

ホントですよ。全体最適それぞれができる範囲でみんなを応援すればいいんですよ

家族力はチーム力

f:id:kioku-note:20151218134409j:plain野球のチームだってボールをうまく投げるピッチャーがいてそれを受けるキャッチャーがいる
守備は下手だけどいぞという時打てるバッターがいる
野球が下手でレギュラーになれないがスタンドで必死に応援してチームメイトを盛り上げる

そのようにして野球のチームが作られて誰一人かけても今のチームは成り立たない
というようなチームが家族なんだろうな
というイメージがはっきりしました

自分の弱い所を補い助け合って生きる
子供も大きくなり力がつけばチームの一員としての力となる
ホント心強いですよ家族は大切な宝物です