最近、過去に経験したことのない豪雨というのが各地で頻発しています



 



豪雨に備えていますか?



 



私は過去に3回洪水被害にあっています。



その時の経験から洪水のその後の様子を思い出してみました。



 



私の家は結構大きい川のそばにあり度々洪水の被害し合いました



そのたびに被害にあい大変な思いをしました



 



洪水に問わず災害は逃げてください。人命最優先。



当たり前ですが重要課題です。



 



近所のアパートにブラジルから来たという家族がいました



洪水で水が迫ってきた時にお父さんが帰ってないから家で待つと



お母さんが言って避難しないという事がありました。



 



でもこのままでいけば完全に孤立してしまうのでなんとか説得し



避難してもらったということもありました。



子どもたちは危険なのでおんぶして避難しました



 



洪水の時は水も濁っているため側溝が見えなかったりいろいろ大変なことがあります



流れが速ければ体重の軽い子供は足をすくわれてしまいます。



水の流れがある場合は地面がえぐられて本来道路のところでも崩れている箇所があります



やはり水が出る前に避難しなければいけません。



 



また別の家では「えー!ほんとですか?家の中の物どうすればいいんですか?」



なんてのんきなことを言っているので貴重品を持って出てもらいました。



少し時間が有ったので、電化製品など高そうなものはなるべく高いところに置いて



細かいものは諦める。



まずは体を逃がすことです。



 



なるべく早めに情報を収集し荷物を2階や棚の上などに逃す事が大事です



 



畳なんかは濡れると重いし捨てるのに面倒です



最近はベースが発泡の樹脂で出来ている軽いのもあります



それなら濡れても持つことができますが普通の畳が濡れた場合



大人2〜3人いないと持ち上げられないくらい重いので大変です



時間があれば畳は上げましよう。



自分のうちは危険だなと思ったら軽い畳似替えておく方がいいかもしれません



 



畳は立てかけるのはダメです。少しでも浸かってしまうと畳は腐ってしまいますので完全に上げてください。少しだからと乾かして使おうと思いましたがキノコが生えてきたという経験があります。



 



逃げるときに車は少し考えてください。まだ水が来ていない状態であれば車を避難させる意味で移動させることはいいでしょう



 



しかし水が深くなった場合非常に危険です。



エンジンをかけた状態で吸気口から水が入ればエンジンは壊れます修理不能エンジンを交換しなければいけません。



エンジンがかかっていない状態であれば乾かせば使える可能性は高いので水があるときは注意です。



 



このぐらいならと思っても対向車が遠た時の波で壊れたという例もあるので注意しましょう。



 



どんなときも早めの避難が重要ですね