若いころ親になるのは怖いと思ってた

だって自分まだ大人になりきってないし子供を育てるなんて怖い

もっと人間的に成長してから結婚して子供作って育てる方がいい

そう思ってました



実際は周りに流され自分の成長を待たずに結婚してしまいました

でも、それで正解でした。

だって、自分が満足行く成長なんてないもん

到達点がない。



しかも、周りを見てもちゃんとした大人なんているか?

そこそこちゃんとしてるかもしれないけどそんなにいないよ。

どっかに隙はある。



親はなってから親になるんです。

親になって子供のためにいろいろ考え徐々に親になっていく

いつまでも到達点はなくてどんどん親になっていく



体は老いぼれていき最終到達点はやっぱり死ぬことでしょう

親の老いを見て、最後に親の死を受け入れて子供は成長する



人の親になってこう思うんです